トレンドキーワード抽出ツールが使えない時の選定方法の考え方

先日、PRIDEの本陣営より「トレンドキーワード抽出ツールが使いづらくなったので、本編を改修した」といった旨のメルマガが届いたかと思います。

私達PRIDEコミュニティのサポートにおいても、それに対して「どう対応していけば良いのか」というご質問を度々頂く様になりました。

対応策自体はシンプルですし、やることにそう差が出る訳ではありません。

まずは知っていただくことが重要だと考え、抽出ツールが使えない時にどう動けば良いのか、その考え方を今回はお伝えしておきたいと思います。

そもそもトレンドキーワード抽出ツールでやっていたこと

実践者さんによっては応用的に使うこともあるでしょうが、PDCの考えるキーワード選定およびサポートは(PDCの特典である)「ヘイジ流キーワード選定方法」のレポートにある考え方に沿う形で教えさせていただいています。

その上で、ツールを利用する目的は…

  • 複合キーワードでGoogleトレンドのグラフが出ることを確認すること
  • 関連キーワードを見つけること

他にも、ライバルチェックの為に、検索ページに「Y」「G」ボタン一発で飛ぶなどの目的はありますが、最もたるものは以上の2つでした。

これらを簡略化出来るのがトレンドキーワード抽出ツールの魅力でした。

そして、「簡略化」できるということは、そもそも両方共自分でチェック出来るということでもあります。

Googleトレンドは公式ページで

Googleトレンドのグラフ自体はツールで今でも出てくる状態ですので、そのまま利用していただければ良いですが、仮にそちらも出ない場合はという前提で話を進めていきますね。

まず、Googleトレンドのグラフは以下の公式ページからチェック出来ます。

Googleトレンド

トップページの以下の矢印の箇所にキーワードを打ち込むとグラフが出てきます。

Googleトレンドキャプチャ

例として「カバディ ルール」を打ち込んでみますね。

トレンドグラフ

と、この様にグラフが出てきます。

細かい設定は出来ますが、デフォルトのままでツールで見ていたものと同じグラフが登場するとお考えください。

関連キーワードは検索ページで

お次は関連キーワードについて見てみましょう。

レポート「ヘイジ流キーワード選定方法【最新版】」には以下の様に関連キーワードについて記載しています。

関連キーワードとは…

  • GoogleとYahoo!の狙いのキーワードの検索結果ページの最下部に表示されているキーワード達

関連キーワード例

「カバディ ルール」と打つと、例えばYahoo!側には「カバディ ルール 簡単」という関連キーワードが出てきます。

これらが私たちがサポートでお伝えしている関連キーワードであり、シンプルに今の状況を言えば「検索ページに行かなければ関連キーワードがチェックできない」と変わっただけだと考えていただいて良いです。

※実際にはGoogleについては内部に隠れた関連キーワードも抽出していましたが、記事作成においてそれらを使うことはレアケースでした

これらから選択をし、レポートにある様に選び記事テーマを決めてコンテンツを作っていく。そこは変わりませんので、普段やることに違いは出ないと考えていただければと思います。


ひとまず、トレンドキーワード抽出ツールでトレンドグラフは確認出来ますので、作業の流れとしては…

  • ツールに複合キーワードを打ち込んでグラフが出るかを確認する
  • グラフが出れば、該当キーワードの「Y」「G」ボタンを押して、Yahoo!とGoogleの関連キーワードをチェックする

この様に進めていただければと思います。

Yahoo、Googleの両方のトップページを開いてからチェックしても良いですが、ボタン一発で飛べるのはやっぱり便利です。

以前からYahoo!の関連キーワードについては添削・スカイプでは直接確認していただく様にお伝えしていましたが、Googleも同じ形になる。変わったことはそれだけです。

そこを把握して、いつもどおり作業を進めていってくださいね。

URL :
TRACKBACK URL :