PRIDEコミュニティのスカイプサポートの内容について

こんにちは。最近後輩の結婚式に行き、気がつけば5次会まで参加していた武です。

先日より無料会員さん向けにPRIDEコミュニティのアップグレードキャンペーンを行っていますが、お陰様で結構な数のご予約を頂戴しております。

サポートの基盤となるのは、ブロンズ会員だと記事添削、シルバー会員以上だとそれにプラスしてスカイプであり、今回はそのスカイプについて取り上げたいと思います。

講師側としては、文字のやり取りだけでなく、直接お話しすることで伝わることも多い為、一番学びが多いのがこのスカイプサポートだと考えており、特に力を入れているサービスです。

普段、どういったサポートをスカイプを利用して行っているのか、そこを詳しくお話していきますので、一緒に見ていきましょう。

基本とするスカイプサポートの考え方

メンバーさんから直接ご相談を受ける際に、こちら側から内容の指定をさせていただくかと言えば、全くそんなことはありません

  • 相談内容は自由

これがスカイプの基本となっています。

人によっては、ワードプレスの操作をご相談いただくこともありますし、ライティングやキーワード選定のコツ、モチベーション面でのお悩みなど、本当にサポート内容は様々です。

まずはメンバーさんのお悩みを伺いつつ(もしくは予めお送りいただいている内容から)、1つ1つを画面共有機能を利用しながら解決していくというのが通常の流れですね。

※画面共有を利用しますので、ウェブカメラを使っての顔出しはありません

1回1時間の限られた時間内ではありますが、まずはお悩みに出来る限りアプローチしていくということを大切にしています。

ただし、中には「今回は相談内容を決めていないんですよ」という方もいらっしゃいます。また、元々想定されていたご質問が思いの外早く解決する場合ももちろんあったりしますよね。

そうした時は、講師側から伝えたいポイントを伝えるという流れになるのですが、私としてはこちらに最大の価値があると考えています。

私がフリートークで心がけていること

無論、話をさせていただくメンバーさんに合わせてあれこれと考えはするのですが、本当に多くの場合、私は「一緒に戦略を考える」ということを心がけています。

今のブログ界は圧倒的に戦略の時代です。

ただ何となくキーワードを決めて、それに合わせて記事を作るだけでも、かつては(記事が良ければ)勝負になることが多く、アクセスを勢いで集めている方は多々いらっしゃいました。

しかし、最近は横展開(関連記事を増やす)だったり、効果的に内部リンクを入れていくことが求められ、記事単体で勝負すると言うよりも、記事群で勝負することが極めて大切になってきています。

そうした中で、メンバーさんが今まで書いてきた記事をチェックしつつ、その人に合ったジャンルは何か、はたまたどうイメージすれば内部リンクを組みやすいキーワード群が見つかるか。そこを考え、お伝えするのに力を注ぐことがほとんどです。

更に、ここのところのサポートでは、そうした戦略をよりイメージしてもらいやすくする為…

  • 私の実際のキーワード選定をお見せする
  • キーワードに合わせた記事構成をするのをお見せする
  • 仮タイトルを組んだり、イントロを書くのをお見せする
  • 記事の一部を書くのをお見せする

こうした形を取ることも増えてきています。

よく、勉強会などで「実際に記事を書いていくのを見せてください」とお伝えいただくのですが、勉強会ではグループディスカッションであることや、時間の関係で中々それが実現できません。

そして、それを1時間という時間枠の中で実際にやれるのがスカイプサポートだったりするんですよね。

手ごたえとして、そうしたサポートをさせていただいたメンバーさんは、一気にキーワード選定の力を伸ばされたり、構成、記事が上手くなったりしていると強く感じています。

メンバーさんによっては、1時間分ぎっしりとご質問を用意される場合もあるのですが、上記の様な画面共有を活かした形もあるという点をぜひ頭に置いてみてください。


スカイプサポートの議題は自由である。だが、議題が無くとも学べることが多々ある。

今回はここを特に強くお伝えしたいと思い、記事を書きました。

正直なところ、PRIDEコミュニティを運営するにあたって、私は自分の生き方に好影響を与えてくれたPRIDEに恩返しをしたいという感覚で動いています

スカイプサポートをお受けいただくのが可能なシルバー会員さんで言えば、月謝が14,800円。

こちらで週1回の添削とスカイプをフルに使っていただいたとしたら、約8回ということで、1回当たり2000円未満ですから、運営側として稼ぎの効率は決して良いとは言えませんからね^^;

ただ、アクセスがグンと伸びた時のあの感動を、是非とも味わっていただきたい。綺麗ごとすぎて、自分で口にしていてうさんくさく感じたりしますが、実際問題、そこを相当大切にしていると自負しています。

だからこそお伝えできることがあれこれある。そこから学んでいただく意味で、スカイプサポートを是非ともどんどん活用していっていただければ幸いです。

なお、「そんなポイント教えちゃったら、自分のブログが大変なんじゃ」と思われるかもしれませんが、キーワードというのは実のところ無数と言えるレベルで存在しますし、私は人が思いつかないアイデアを出すことにこだわりがあるので、被り様が無いと気楽に考えていたりします(笑)

URL :
TRACKBACK URL :